トピックス

外壁塗装の足場工事は必要!?いらない!?

 2022年11月17日

外壁塗装

外壁塗装の足場工事について。

 

外壁塗装の工事をする時に、足場が建っていてシートがはっている

のを見たことのある方も多いと思います。

 

外から見ると工事をしているのがよく分かり

存在感があるのが足場です。

 

足場工事について、お客様に質問されることがあるので

解説していきたいと思います。

 

外壁塗装の足場工事は必要!?いらない!?

 

外壁塗装をする時に作業床が必要となります。

 

お客様の中には、脚立やはしごで塗装できないの!?

と質問があることがあります。

 

脚立やはしごで塗装できないことはないですが、

非常に危険な作業になってしまいます。

 

左手に塗料を持って、右手で刷毛、ローラーを持つので

手放し状態で塗装することになってしまいます。

 

極端にいうとサーカスのような状態で塗装しなくてはならないのです。

 

ですので、塗料や塗装道具が置ける作業床が必要です。

 

それと、脚立やはしごですと塗れる範囲が狭く

手間も物凄くかかってしまいます。

 

外壁塗装をする時は足場の設置は必須になるでしょう。

 

法律でも定められている。

 

安衛則第518条では、

「事業者は、作業床の端・開口部を除く高さ2メートル以上で作業を行う際、

足場設置などの方法で作業床を設けなければならない。」と法で定められています。

 

法律でも足場設置については厳しく決まりがあります。

 

労働基準監督署がきても問題ないようにすることが大切です。

 

 

塗装職人の安全を守る。

 

足場の設置で一番大切なことは、塗装職人の安全を守ることです。

 

塗装職人が墜落や転落をしないように

することが重要です。

 

お客様も自分の家で墜落事故があったら

嫌だと思います。

 

足場代をケチらない方がいい。

 

足場代をケチってしまうと手抜き工事の恐れもあります。

 

高いところに行くのに手間がかかるため、塗装職人が

手抜き工事をしてしまうのです。

 

どうしても、危険な作業になってしまうので

手抜き工事をせざるを得ないと言ってもいいでしょう。

 

屋根塗装だけの時も同じです。

 

屋根塗装のみでも足場工事をした方がいいでしょう。

 

はしごで屋根にあがって塗装するのではとても危険です。

 

落下防止の足場が必要になります。

 

近隣のトラブルを減らす。

 

足場工事をしないで外壁塗装をすると、

近隣トラブルになりやすいでしょう。

 

ホコリや汚れ、塗料の飛散防止にも足場がなっているので

近隣への配慮になります。

 

足場を組み立てる前に近隣には必ず挨拶に行ってください。

 

まとめ。

 

外壁塗装での足場工事は必要な工事です。

しっかりと予算をとって外壁塗装、屋根塗装をしましょう。

 

最後まで、ご覧いただき

ありがとうございました。

 

群馬県高崎市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事リフォームを

ご検討の方は信頼と実績のある塗装屋、

ステージアッププロジェクトに一度ご相談下さい。

 

小冊子 失敗しない塗装工事7つの防衛策

 

資料請求をする

外壁塗装

住宅リフォームのトラブルが依然として多く、

プロの私達が少しでも多くの方に、

トラブルの回避できる方法をお伝えしなければなりません。

 

1人でも多くの方にトラブルを回避して頂きたいとの想いで、

この小冊子を作成しましたが、作家ではないので、

思っていることの半分、お伝えできないのが残念です。

 

この小冊子を読んで頂いて

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

失敗しない塗装工事7つの防衛策

第1章 塗装工事で失敗する人、成功する人

珍しくない、失敗したと思う瞬間

こんどは、あなたの家をめがけてやってくる。

 

成功している人の共通点

実は、おかかえ大工さんと同じだった。

 

第2章 失敗しない塗装工事7つの防衛策

防衛策1 見積書の比較の仕方

防衛策2 塗料の種類を選ぶ

防衛策3 確実な工事をするのかを見極める

防衛策4 支払い条件を確認する

防衛策5 塗装業者の殆どが知らない驚くべき事実

防衛策6 保証に、まどわされるな

防衛策7 業態価格のからくり

究極の防衛策 信頼できる業者をみつける

第3章 失敗から身を守る住宅の知識

小冊子 失敗しない塗装工事7つの防衛策

 

資料請求をする

 

火災保険申請が知りたい方はこちら。

 

外壁塗装プランが気になる方はこちら。

 

今後もお役に立つ

現場レポートを、ご紹介していきますね!

 

 

緊急速報 

「高崎市住環境改善助成事業」

の見積依頼受けたまわっております!11/30(火)まで 

 6.1広報高崎より

 高崎市は、市民が自宅の改修や修繕を行う場合に最大20万円を助成しています。

 対象となる工事は、高崎市内の業者が施工する住宅の屋根や外壁・水回り・内装などの改修や修繕・

 模様替えなどで、20万円以上の費用がかかるものです。

 工事にかかる費用の3割を助成します(上限20万円。所得制限があります。)

 助成回数は、1世帯につき1回限りです。助成を受けるには、工事を発注する前に2回申請が必要です。

 1回目の申請受付は、7月1日(金)から8月31日(水)までです。

 ↓↓↓こちらもご参照下さい。(高崎市ホームページ)

  「高崎市住環境改善助成事業」

 

 

★ 群馬県高崎市限定 2021.4.1~申請開始 今ならギリギリ間に合います!(募集締め切り)

 「まちなか商店リニューアル助成事業」

 新型コロナ対策も対象に。店舗の改装などに最大100万円助成。

 魅力ある店作りを応援します。

 

 

★ 群馬県高崎市限定 2021.4.20~申請開始 今ならギリギリ間に合います!(募集締め切り)

 「職場環境改善事業補助金」快適な職場づくりを支援

 職場の暑さ寒さ対策に最大500万円を助成します。

市は、職場の環境改善を支援するため「職場環境改善事業補助金」を来年度も実施する予定です(3月議会承認後)。

事業者が工場などに、空調設備や遮断熱塗装を導入する場合、最大500万円を補助するものです。

 

 

群馬県高崎市・車で30分のエリア

外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り工事

リフォームにお悩みの方はお問い合わせください。

対応エリア

対応エリア

  • 沼田市
  • 館林市
  • 群馬県
  • 高崎市
  • 前橋市
  • 伊勢崎市
  • 渋川市
  • 藤岡市
  • 富岡市
  • 吉岡町
  • 榛東村
  • 安中市