カラーシミュレーション
外壁塗装の色替えの際には
カラーシミュレーションが効果的です!

カラーシミュレーション

外壁塗装や屋根塗装で、現状の色から大きく変えるときは、カラーシミュレーションがおススメです!
家のお写真1枚あれば、様々なカラーバリーエーションを事前に見られますので、「思い切って色を変えたが、思ってたのと違う…」なんてことも起きません。
せっかくの塗装工事、色替えをするのであれば、カラーシミュレーションは必須です。当社では、ご希望の色、ご提案の色をカラーシミュレーションで事前にご提示できます。お気軽にご相談ください!

カラーシミュレーションの流れ

  1. 1.ご自宅の撮影とご希望の色のヒアリング

    ご自宅の撮影とご希望の色のヒアリング

     まずはお自宅のお写真を1枚撮影します。

    撮影も当社にて行いますので、ご安心ください。
    そして、ご希望の色味をお伺いします。「なんとなく、明るい感じ」「落ち着いたシックな感じの色」のようになんとなくのイメージでもお伺いできれば、それにそっていくつかご提案も可能です。

  2. 2.カラーシミュレーションのご提示

    カラーシミュレーションのご提示

     色味をご確認いただきます。

    お打ち合わせ後、数日いただき、専用のソフトで色味を合わせたものをいくつか作成します。そして、出来上がったものをお持ちしてご提示致します。
    ただ、モニターで見る色、印刷して紙で見る色と実際の色味は多少差が出ることがあります。ですので、最終の色味は、色板を合わせていただくのが、イメージのずれもありません。

カラーシミュレーションのご提示1
カラーシミュレーションのご提示2
カラーシミュレーションのご提示3

色選びのポイント

明度(色の明るさ)と彩度(色の鮮やかさ)

明度(色の明るさ)と彩度(色の鮮やかさ)

色を選ぶ際、どの色にするかもそうですが、この明度と彩度はポイントとして覚えておきましょう。
明るさは見た目の印象でいいかと思いますが、彩度は注意したい点です。
彩度が高いほど、原色に近くなるイメージで、色によって目立ちます。色選びでテンションが上がって、彩度の高い色を選んだけど、塗装後に見たら、「ちょっと派手すぎたかな…」なんてことにならないように、彩度には気を付けましょう。

汚れが目立つ色、目立ちにくい色

汚れが目立つ色、目立ちにくい色

色が明るすぎる場合も、暗すぎる場合も、汚れは目立ちやすいといえます。
ですので、明るい色や濃い色を選ぶときは、防汚性が高い塗料を選ぶ必要があります。また、濃い色にすると、夏場より暑くなる場合がありますので、濃い色にするなら、遮熱塗料も選択に入れることをオススメします。さらに、汚れが目立つ色の場合は、ツヤありの塗料のほうが、汚れが付きにくいので、ツヤありの塗料がおススメです。
逆に汚れが目立ちにくい色はグレー系、ベージュ系などになります。

  • 色選びのポイントサンプル 明るい色の例

    明るい色の例

  • 色選びのポイントサンプル 濃い色の例

    濃い色の例

  • 色選びのポイントサンプル 暖色 オレンジ

    暖色 オレンジ

  • 色選びのポイントサンプル 寒色 ブルー

    寒色 ブルー

  • 色選びのポイントサンプル モダンなツートンカラー

    モダンなツートンカラー

  • 色選びのポイントサンプル ナチュラルなブラウン

    ナチュラルなブラウン

エスケー化研カラーシミュレーションサイト

 カラーシミュレーションサイト

塗料メーカー「エスケー化研」のHPでもカラーシミュレーションができます。これであらかじめ、色のイメージを持っておくと、より具体的にお打ち合わせができますね。

対応エリア

対応エリア

  • 群馬県
  • 高崎市
  • 前橋市
  • 伊勢崎市
  • 渋川市
  • 藤岡市
  • 富岡市
  • 吉岡町
  • 榛東村
  • 安中市