2019年1月31日

フルハーネス型安全帯の講習・・・

おはようございます。

 

インフルエンザが大流行していますが皆さんは大丈夫ですか?

 

私は、マスクをしてインフルエンザにならないように対策をしています。

 

過去にインフルエンザの予防接種をしたこともありますが、体に合わなかったのか

体調が悪くなりそれ以来していません。

 

何事も予防が大切だと思うので皆さんも体は自分で守って下さい。

 

橋 川端橋

 

 

先日、フルハーネス型安全帯使用作業特別教育に参加しました。

 

その理由は、

 

労働安全衛生規則等が一部改正され、高さが2m以上の箇所であって作業床を設けること

が困難な所において、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用い行う作業(ロープ

高所作業に係る業務を除く。)について、特別教育の対象となったからです。

 

平成31年の2月から準備期間も終わり建設現場では墜落制止用器具の義務化が始まります。

 

私たちも、足場を使用して作業するので必須の講習でした。

 

フルハーネス型墜落制止用器具

 

講習では実際に着用してバンドが緩んでしまっている所が無いかなどを確認しました。

 

フルハーネス型墜落制止用器具

 

背中の肩甲骨のあたりに安全ロープがついているので、もしも墜落してしまった時でも

 

背中の上の方で吊られるようになるので安全です。以前の安全帯のようにベルト型ですと墜落した時

 

に腰周辺に過度に負荷が掛かって内臓が破裂することもあるそうです。

 

 

 

私たちは、規則に従って仕事を進める必要があります。

 

このような講習会にも規則が変わるタイミングで参加しています。

 

 

 

ペインティア

群馬県高崎市中尾町870-1

027-329-6371

 

 

 

(株)ステージアッププロジェクト

 

 

 

ペイントブログ一覧へ