2018年9月26日

徳より才が勝っている人

おはようございます。

 

連日、どんよりした日が続いていますね。すっかり秋らしくなり

 

秋服で歩いている人も多く見かけるようになりました。

 

私は、草むしりが落ち着いてきてひと段落している所です。

 

わらび平森林公園

 

『資治通鑒』の編者であり、北栄の宰相も務めた司馬光は、

 

次のように述べています。

 

『どんなに大きな才があっても、才が徳より勝っている人間は小人であり、

 

その才のゆえに利己的・排他的になってしまい、事を成し遂げることができない。』

 

徳(徳性、人格)を高めることの重要性を述べています。

 

私たちの塗装業に例えるとどう言うことでしょうか!?

 

塗装の技術ばかり磨きあげて、自分自身の徳性・人格を高めることをおろそかにする

 

とどうでしょうか!?

 

自分の技術は素晴らしいと傲慢になってしまい、自分の技術にうぬぼれて、

 

利己的・排他的になってしまうのではないでしょうか。

 

塗装業は、技術力も大事です。(すべての分野でそうですが。)

 

しかし、人間力をおろそかにしてしまうと永続的な幸せは手にいれることは

 

出来ません。

 

 

昔の偉人は素晴らしい言葉を残してくれました。

 

 

ベトナム お出迎え

 

 

(株)ステージアッププロジェクト

 

 

 

 

ペイントブログ一覧へ