2018年7月27日

汚れてしまうと効果が激変!?

おはようございます。

 

昨日の高崎は少し曇っているだけで、涼しく感じて嬉しかったですね。

 

明日は、台風の影響もあり雨の予報が出ているので、恵の雨になるのかも

 

しれません。

 

 

 

最近、非常に多いお問合せは、

 

「この暑さどうにかならない!?」

 

「暑くて仕事にならないよ!?」

 

 

暑さ対策を遮熱塗装でどうにかしてほしいというお問合せです。

 

 

そんな中、面白いお話を伺えることができました。

 

今から数年前、屋上に遮断熱塗装をしたようですが、

 

最も効果がでる白で塗装してのですが、汚れてしまって効果が出なく

 

なってしまったようです。

 

その方は、自分で屋根や天井の温度を計っており研究されていましたので

 

よく違いがわかったようです。

 

温度 屋根

 

↑ の画像のようにグレー色になっておりました。

 

汚れてしまうと遮熱効果がなくなってしまい温度が上昇してしまいます。

 

温度 屋根

 

 

曇り空でしたが、屋根が40℃になっておりサーモグラフィーで見ると

 

屋根の温度が高いことが分かります。

 

汚れずらい塗料を選択することが重要なのです。

 

屋上防水 ビックサン ポリマーセメント

 

 

汚れてしまっては、効果が薄れていくのは分かっていましたが、

 

お客様の声を聞けたのは初めてでした。

 

 

 

 

 

ペインティア

群馬県高崎市中尾町870-1

027-329-6371

 

 

 

 

(株)ステージアッププロジェクト

ペイントブログ一覧へ