2017年7月7日

何回塗り!?応用編②

塗装工事は、塗料の塗布量が大事で標準塗布量通りでも足りない場合があります。

標準塗布量をつけすぎて失敗することがあります。

それは、塗装職人が塗布量をしっかり意識して塗った場合でも

細かい小細部に塗料がたまってしまい結果として、乾燥不足になり将来的に剥がれなどの

対象になってしまいます。

塗料は乾燥不足の上に塗れません。

乾燥不足によるちじれや割れが発生します。

このように無意識の間に塗料がたまってしまい不良が起きてしまいます。

一流の塗装職人は、しっかり塗布量を規定通り塗って

塗った感覚でさらに追加で塗料を塗り

塗料がたまってしまった所は刷毛などでならす。

 

塗装工事は奥が深いので塗装工事専門業者に依頼して下さい。

 

 

ペイントブログ一覧へ