トピックス

ペイントDIYを成功させるコツ!!

 2021年2月5日

初めまして。ステージアッププロジェクトの須田です。 

 

 

最近ではコロナ禍という事もあり、

外壁、内部の塗装を業者に頼むことを

ためっらてしまい自分でやってしまおうとお考えの方が少なからずおられると思います。

 

そんな方々へのアドバイスや注意することをお伝えできればと思い、

この記事をかかせていただこうと思いました。

 

1.作業環境をチェックすること!!

汚れてしまいそうなものがある場合は、

養生(塗料が飛ばないようにするため)をしっかりしましょう!

 

2.道具の準備

ローラー、刷毛、塗料を入れる容器、軍手、養生類、カッターやハサミ

玄関鉄扉を塗る場合ローラーの毛は短い短毛と呼ばれるものがお勧めです。

 

3.塗料の選択

溶剤(シンナーを使用する塗料)の場合は近隣トラブルにならないように

声掛けや迷惑にならない場所を選ぶのがいいと思います。

匂いをあまり出したくないと思いの方は、水性塗料(水を混ぜる塗料)を使用するのも良いでしょう!

 

4.塗る場所について

鉄骨手摺、玄関鉄扉などの鉄部の塗装は溶剤がお勧めです。

室内の壁、天井は水性がお勧めです。

木部を塗る方はオイルステインという塗料がお勧めです。(塗装のされてない木部)

 

5.ケレン、下準備

鉄部を塗る場合、サビて塗料が浮いてしまっていると思います。

浮いてしまっている錆を削ることをケレンと言います。

マジックロン、皮スキという道具を使用して行います。

この道具はどちらもホームセンターなどで売っていると思います。

内部の壁では剥がれてしまって塗ってもその部分が気になってしまう事が多いと思います。

そこでパテ処理というものを行い、段差をなくすのがいいでしょう。

パテ処理が分かりずらいと思うので

YOUTUBEなどで事前に見ておくのもいいと思います。

木部も鉄部と同じようにマジックロン、皮スキでケレンするのがいいと思います。

 

6.塗装

いよいよ塗装するところまで来ました!!

ここで皆さんに気を付けて頂きたいことをお伝えします。

皆さんは一回塗ればいいだろうとお思いではないですか?

自分も始める前はそうに思ってました。でもそれではダメです。

綺麗に仕上げたいのであれば二回は塗りましょう。

塗装の耐久も変わってきます。

一回だと塗膜が薄いためすぐに剝がれてしまう可能性があります。

これだけは注意しましょう。

 

7,見直し、タッチアップ

塗装が終わったら塗れていないところがないかを見直します。

タッチアップとは塗れていなかった所の補修塗りと考えていただいた方が

分かりやすいと思います。

 

8.養生バラシ、掃除

見直しなどが終わったら養生をはがし汚れてしまったところの掃除をして完成です。

 

皆様の参考になりましたでしょうか?

少しでも皆様のお力になれたなら嬉しく思います。

ただ塗るだけでは綺麗な塗装が出来ないというのが伝わればいいと思い

この記事を書かせていただこうと思いました。

 

最後まで、ご覧になっていただき

ありがとうございました。

今後もお役に立つ

現場レポートを毎日、ご紹介していきますね!

群馬県高崎市・車で30分のエリア

外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り工事・リフォームにお悩みの方はお問い合わせください。

👇👇👇👇👇

今すぐお問合せ

 9時から19時まで対応しています。

 土日祝も対応しています。

 【安心塗装リフォーム相談所】

 群馬県の外壁塗装・屋根塗装なら【株式会社ステージアッププロジェクト】

 高崎市を中心に群馬県南部対応、火災保険修繕対応

(株)ステージアッププロジェクト

 

 

 

 

 

 

対応エリア

対応エリア

  • 館林市
  • 群馬県
  • 高崎市
  • 前橋市
  • 伊勢崎市
  • 渋川市
  • 藤岡市
  • 富岡市
  • 吉岡町
  • 榛東村
  • 安中市