2017年8月10日

群馬県 桐生市 屋根塗装

今回は屋根の塗装について書かせていただきます。

屋根にも色々と種類がありますが、サンブキの屋根の塗装です。

今回の現場は工場の屋根で、中々平米数のある屋根でした。
最初に下地調整をサンダーでして、それから塗装作業に入ります。
錆び止めを塗り、上塗りを2回塗りました。
その作業の中でローラーで塗りづらい所を刷毛を使い塗装していく作業があります。

こちらがサンダーをあてた後の写真です。
元の塗料が浮き上がっている場所などを削ったりする作業です。
そして錆び止めを塗り、上塗りを塗ります。

これがローラで入れづらい所を刷毛を使い塗装をやり終えた後の写真です。このようになってからローラーで転がして行きます。
そしてローラーで2回転がしたら、タッチアップ(補修塗り)をして完成です。

塗装する場所で塗料の乾きが変わるので、その大変さを改めて実感する事のできた現場でした。

ペインティア 須田

 

スタッフブログ一覧へ