2019年4月15日

新築の時。

おはようございます。

 

昨日、一年ぶりに健康診断に行ってきました。

健康診断というと、何か病気だったらやだなと思う方、

今年は何キロ太ったか!?と気になる方

いい加減たばこをやめようかなと考える方様々だと思います。

 

私は、気おつけていないと食べ過ぎて太ってしまうので

体重が気になります。

しかし、自分の体と向き合ういい機会なのでショックを受けつつも

しっかり向き合いたいですね。

 

今日は、新築時のコンクリ―ト打ち放し塗装についてお話致します。

 

新築時にコンクリート打ち放しの塗装工事は近年の物件はほぼ100%してあります。

 

私の主観ですが、現在はコンクリート打ち放し塗装が浸透しているので新築の時

でも塗装されています。

しかし、昔は(詳しい年代までわかりません・・)新築時でも塗装工事がされていない

ケースが珍しくありません。

新築の時に塗装されていないケースでは、雨が降った時に塗れ色になり撥水性もないので

黒くなってきてお化け屋敷状態です。

 

㊤の画像のような状態に黒くなっています。

㊤の画像は塀ですが、外壁の場合でも同じようになります。

 

新築の時に塀や外構などに塗装してあるケースは現在でも

少ないと感じております。

 

コンクリート打ち放し

新築の時の塗装が重要なことは、言うまでもありません。

 

黒ずんだ汚れは、高圧洗浄で落としただけではすぐ

 

元通りになってしまいます。

 

ペインティア

群馬県高崎市中尾町870-1

027-329-6371

 

 

 

(株)ステージアッププロジェクト

ペイントブログ一覧へ