2018年10月19日

アレスシックイの体感報告!

関西ペイントの機能ペイント、アレスシックイ(消石灰系仕上材)で建物の壁や天井

 

を塗装されたお客様から体感報告を伺っているのでご紹介したいと思います。

 

その前に!

 

アレスシックイを詳しくご紹介致しますね。

 

アレスシックイ 塗料 関西ペイント

 

 

『漆喰』といえば、日本に伝わる伝統的な壁塗材であり左官職人がコテで壁面に擦り

 

付ける仕上材です。

 

漆喰壁

画像㊤ 白くなっている外壁の部分が漆喰壁です。

 

ところで、昔の人たちは、なぜ漆喰を建材に使用したのでしょうか!?

 

それは、漆喰が持つ『機能』が素晴らしいからなのです。

 

漆喰の機能は、消臭機能、抗菌・抗ウイルス機能・VOC吸着機能で人にやさしく

 

防火認定材料・結露抑制機能で建物にやさしく

 

二酸化炭素吸収機能で環境にやさしく

 

漆喰で仕上ることによって様々なメリットが生まれるのです。

 

昔の人は、自然素材を上手に活かしていたのですね。

 

こんな方にお勧めです。

・ トイレやペット、ゴミなどの嫌な臭いが気になる。

・ インフルエンザなどの感染が気になる。

・ 何となくジメジメしていてる。

・ シックハウス症候群などのアレルギーがある。

・ 壁が結露して悩んでいる。

・ 壁面がカビだらけで困っている。

 

 

昨今では、漆喰で仕上げてある建築物は昔からくらべて少なくなってしまいました。

 

その理由は、ローコストで大量生産が好ましい時代がやってきて、漆喰仕上げは

 

コストも高く、手間も掛かるため現代の時代では、除外されてきてしまいました。

 

しかし、アレスシックイは漆喰の機能を活かしつつローラー・刷毛・スプレーで従来より

 

簡単に施工できるようになり広範囲の面積でも問題ありません。

 

一般住宅で主流になっているクロスの上にも塗装することができるのでDIYなどでも

 

塗装することが出来ます。

アレスシックイ 内部塗装

 

 

 

お客様がアレスシックイを塗装してみての体感をご紹介します。

 

● 今年の夏前に洋室を一部屋、壁と天井を塗装したのですが塗装が終わって部屋を

 

使い始めたころは、少し漆喰の臭いみたいなもので違和感を感じたのですが、

 

慣れてくると部屋の空気が澄んでいるように感じられて居心地がいいです。

 

● 真夏は部屋全体が涼しく感じられてエアコンを使用する機会が少なかった。

 

 

私もアレスシックイを塗装してから、数ヶ月経った後、部屋に入りましたら

 

空気感の違いが分かりました。

 

驚きです!

 

 

今回、ご感想を聞かせて頂いたお客様は動物病院を経営されておられて、診療室と

 

洋室を今後、漆喰塗装することを考えているそうです。

 

動物病院の診療室もアレスシックイならば、休診日に短時間で施工可能なので

 

塗装工事が可能になります。

 

クロスの張り替えを検討している方もアレスシックイを塗装する事を検討してみては

 

いかがでしょうか。

 

和風のお家はもちろんのこと、洋風のお家にも漆喰の質感がマッチしてモダンなテイストになります。

 

アレスシックイ シックイ丸 関西ペイント

 

ペインティアの事務所のトイレも関西ペイントの社員さんにアレスシックイを塗装して頂きました。

 

会社のトイレも居心地がよくなりトイレの独特な臭いもしません。

 

関西ペイントさん手作りで体感キッドもご用意しておりますので

 

体感してみたい方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

塗料も機能で選ばれる時代になっているのです。

 

 

 

 

ペインティア

群馬県高崎市中尾町870-1

027-329-6371

 

 

 

 

 

 

 

 

(株)ステージアッププロジェクト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペイントブログ一覧へ