2018年9月25日

高崎市足門町で現場調査

5年半前に塗装工事でお世話になったお客様から連絡がありました。

 

べランダのパラペット塗装や雪止め金具のことなどのこと相談があると連絡がありました。

 

嬉しい限りです。

 

地域の皆さまのお陰で塗装業に励むことができ、感謝しております。

 

お宅はセキスイハウスで建築されて築40年くらい経つお宅です。

 

当社では、ハウスメーカーさんの建物の塗装工事も行っています。

 

 

お客様はパレペットの汚れが気になっていると相談がありました。

(ベランダの外側の壁の所がパラペットです)

 

確かに気になりますよね!

 

ベランダ壁はリシンという骨材入りの塗料が吹き付けられており

 

リシン壁は直接雨があたると、汚れが目立ってきます。

 

私は、汚れもさることながらパラペット面の『反り』があることに気が付きました。

 

 

外壁に反りがあるので、ジョイントに隙間が出来てしまい雨水が入ってしまって

 

漏水の可能性があります。

 

塗装工事は汚れの解消のみならず、家本来の機能を復活させる役割もあるのです。

 

築40年経っていると、『汚れ』のみならず、建物本来の機能を見直す時がきているのです。

 

 

 

 

ペインティア

群馬県高崎市中尾町870-1

027-329-6371

 

 

 

 

 

 

 

 

(株)ステージアッププロジェクト

ペイントブログ一覧へ