2018年5月1日

コンクリート住宅を建てた訳!?

おはようございます。

 

先日、コンクリート打ち放しの塗装工事中のお客様とお話をしていると、RC住宅を建てる前に

ヨーロッパに住んでいたそうです。

 

ヨーロッパでは、コンクリート住宅を建てて外装や内部をリフォームしながら長期的に住むことが

主流になっているそうです。

 

外装は、レンガタイル張りにコンクリートの打ち放しが多かったと言っておられました。

 

ヨーロッパに住んでいた時のインスピレーションを受けて、日本に帰って来た時にコンクリート住宅

を建築されたようです。

 

ですので、外装や内装のメンテナンスにはどのようにしたらいいのか検討はつかなかったものの

リフォームの重要性は認識していたようです。

 

しっかりとしたリフォームをして次世代に受け継いでもらうことを考えていたようです。

 

私も、この意見には賛成で環境の変化に対応してリフォームをしていけば長期的に住むことが

できるのです。

 

高崎 コンクリート打ち放し 塗装

 

これからの時代は新築よりリフォームの時代が来ることは間違いなさそうです。

 

 

ペインティア

群馬県高崎市中尾町870-1

027-329-6371

 

 

 

 

(株)ステージアッププロジェクト

 

ペイントブログ一覧へ