2018年4月17日

コンクリート打ち放し塗装の勉強

おはようございます。

 

コンクリート打ち放しの塗装工事は奥が深く、技術的にも高い技術が必要となってきます。

 

下地補修の方法から、色合わせ、コンクリートパターンの補修と普通の塗装業者では施工

出来ないのが現状です。

 

コンクリート打ち放し塗装のノウハウがない塗装業者に依頼すると失敗してしまうリスクがあります。

 

ペインティアも試行錯誤を重ねて今のスタイルに辿り着きましたが、最初はどのように塗装しようか

大変悩みました。

 

現状の状態に満足することなく日々、向上心を持って勉強しているのも事実です。

 

先日も、熊谷のラクビ-場の現場に知り合いの同業者の方がいるということなので現場で勉強させて頂きました。

 

熊谷ラグビー場 コンクリート

 

補修方法はどんなふうにしているのか、コンクリート打ち放しのパターンはどのように出しているのか

勉強させて頂きました。

 

熊谷ラグビー場 コンクリート

 

屋根がないので、劣化状態は深刻だったようです。

 

高圧洗浄が大変だったことが分かります。

 

日々、向上心を持って地道に取り組むことが需要だと感じています。

 

 

 

ペインティア

群馬県高崎市中尾町870-1

027-329-6371

 

 

 

 

(株)ステージアッププロジェクト

ペイントブログ一覧へ