2018年1月6日

冬場の塗装工事・・・

おはようございます。

野球界の星野仙一氏ががんでお亡くなりになったそうです。

私は子どものころ野球をしていたのでとても怖い監督として

印象に残っています。

監督時代では素晴らしい成績を納めていたので素晴らしいですね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

スノーボード 水上 宝台樹

 

冬場の塗装工事はやっても大丈夫なの?

 

と思う方も多くいらっしゃると思います。

 

正解は、冬場でもしっかり気温が確保されていれ大丈夫です。

 

しかし、厚く塗る塗料は無理なケースもあります。

 

厚く塗るということは、乾燥するまでに気温20℃くらいでも

時間がかかりますので冬場は厳しいのです。

 

群馬県では渋川市から北にいった地域で沼田市などは

冬場は塗装工事をしない方がいい地域になります。

 

高崎市、前橋市近郊のエリアは冬場でも乾燥時間をしっかり守れば

問題はないでしょう。

 

この冬場の時期に毎日塗り重ねている業者がいたら注意が必要かも

しれません。

 

私は、ダムの水門塗装工事などの経験もありますがダム関係の塗装工事は

ダムに水が溜まっていない冬にやることがほとんどなのです。

 

ダムの水門などは山にあるので気温の確保が重要な課題なのです。

「何でこんな寒い時期にいつも塗装工事をするのかなあ」

と思っていましたが色々な理由があるのです。

 

冬場の塗装工事のメリットは『乾燥』していることです。

塗料の天敵は水分でもあるので自然に乾燥状態が作りやすいです。

 

高崎 コンクリート打ち放し 塗装

 

冬場でもしっかりとした知識があればなんら問題ありません。

 

見積を取る時に塗装工事の経験がどれくらいあるのか質問して

みることえおオススメします。

 

 

 

ペインティア

群馬県高崎市中尾町870-1

027-329-6371

 

 

 

 

 

(株)ステージアッププロジェクト

ペイントブログ一覧へ