2017年12月10日

テレアポや訪問販売の営業

塗装工事のマーケティング方法をご紹介します。

最近の動向は、訪問販売業者やテレアポの業者が

急上昇しています。

 

訪問販売はピンポンを押して

「外壁にクラックが入っているよ。」

などと言って契約を結んだりします。

 

テレアポは電話をして

「今ならサービス期間です。」

と言って契約にこぎつけます。

 

では、何で流行っているのでしょうか?

 

私の考えは、塗装工事は簡単に終わらせることができる

からです。

 

・短期間で工事を終わらせることが出来る

(早くて1週間くらい)

・手抜き工事がしやすい

・利益が取りやすい

など色々な理由があると思います。

 

例えば、新築の家をテレアポや訪問販売で営業して

売っている業者がいるでしょうか?

 

いたとしてもほんの一握りではないでしょうか?

 

テレアポや訪問販売で営業している会社は地元の会社

ではないことがほとんどです・・・

 

私は、訪問販売やテレアポが悪い業者と言うつもりは

ありませんがしっかりした塗装工事をしてもらえる

ケースは低いと感じます。

 

私も以前、訪問販売の会社の依頼で塗装工事をしたことが

ありますがいい工事ができませんでした・・・

 

塗装工事は奥が深く営業が少し知識がついたくらいでは

難しいのです。

 

外壁塗装 ダイナミックムキ

 

ペインティアは営業マンは存在しません。

営業マンがいるとお客様の塗装工事費用が高額になってしまうからです。

 

お客様と一生のお付き合いをするつもりで塗装工事をしています。

 

 

ペインティア

群馬県高崎市中尾町870-1

027-329-6371

 

 

 

 

 

 

ペイントブログ一覧へ