2017年9月7日

高崎市菅谷町で劣化調査②

外壁 パラペット リシン

外壁の劣化状態は色あせも激しいくコーキングの割れがあります。

ALC(パワーボード)の外壁は水分に非常に弱く塗膜が劣化すると

外壁に水分が含んで劣化が進んでしまいます。

ALCコーキング 目地

外壁の目地や目地周辺にクラック(き裂)が入っていますので、コーキングで

 

打つ必要があります。

 

目地周辺のクラック部分は外壁が取れてしまうようなら取ってしまい

 

下地作りからする必要があります。

 

ALCの目地は打ち替えか増し打ちどっちがいいのかというと

 

増し打ちで大丈夫です。

 

プライマーを塗って増し打ちすればOK

 

ALCは下手に撤去すると、外壁そのものを破損してしまう恐れもあり

 

撤去出来ない構造でもあります。

 

ALC 下場 基礎

ALCの外壁で重要なのは、外壁の下場です。

 

基礎と外壁の下場の部分しっかり塗装していなくては雨の跳ね返りや

 

湿気が浸透して劣化してしまいます。

 

今回の住宅は下場の塗装が不十分でした・・・

 

サッシ廻りにも亀裂が目立っておりコーキングで補修する必要があります。

 

 

まだまだ次回に続きます・・・

 

 

ペイントブログ一覧へ