2017年8月10日

窯業系サイディングのコーキング材

窯業系サイディングの外壁塗装をする時に大事な工程の一つに

コーキングの打ち替え工程があります。

新築して10年くらい経ってくるとコーキングに亀裂が入ってくるケースがあります。

窯業系サイディングは目地変動が大きい外壁材で季節変動と新築からの経年変動があり

窯業系サイディングに動き生じて亀裂が入ります。

コーキング材にも様々な種類がありコーキングを打ち替える部位によって種類を選びます。

 

 

コーキング材の種類には大きく分けて、変性シリコンやウレタンなどの成分を使った物が

あり、コーキング材の引張応力も重要です。

低モジュラス、中モジュラス、高モジュラスという区分わけされており

高モジュラスの方が固くできています。

 

窯業系サイディングの外壁塗装のコーキングの打ち替えは

 

ずばり

 

中モジュラスです!

 

一般的には窯業系サイディング用の低モジュラス(LMタイプ)

が使われていると思いますが低モジュラスは柔軟性が高いため、

塗膜が割れやすい傾向にあります。

塗装工事の場合、新築時より窯業系サイディングの動きが軽減されているので中モジュラス

でもなんら問題なし!

 

現場の経験から得た知識にまさるものはありません・・・

 

 

 

 

 

ペイントブログ一覧へ