2017年10月3日

高崎市でコンクリート打ち放し塗装工事②

足場仮設が完了してから足場がないと詳しい調査が出来ない所は、足場が出来てから

再度じっくり観察します。

 

コウモリの御相談を受けていたので、隙間があることが想定されていたので詳しい

状態を見てみましたら予想より凄い隙間がありコウモリも自由に自分の家として

使える状態でした・・・

 

コウモリ 隙間 害虫

屋根の妻先きと外壁との隙間の奥はそのまま中までいける状態です・・

RC造の家は、デザインがとてもオシャレな建物が多いので通常では考えられないような

所に隙間があることが多いです。

見た目を優先してシンプルに見せたり、建築のセオリーを度返しするようなことも

あるので、メンテナンスが大変なのよねなんて話もよく聞きます。

雨樋も一般建築用の建材では対応出来ないケースもあるので、注意が必要です。

コーキング 打ち継ぎ

 

打ち継ぎ目地の画像ですが、規定量の厚さに達していないため危険です。

打ち継ぎ目地とは、建築する時に出る目地で1階と2階の間にあることが多く

コンクリートを流し込む時に一回その目地で止めているので、目視ではわからない

くらいの隙間があるのです。

内壁 コンクリート打ち放し 事務所

 

着工前に劣化調査をしますが、足場仮設後も再度調査を行うことが重要です。

 

 

ペイントブログ一覧へ