<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: alt in <b>/home/paintia/www/wp-content/themes/paintia/index.php</b> on line <b>19</b><br />

2017年9月6日

高崎市菅谷町で劣化調査

高崎市菅谷町で現場調査に行ってきました。

 

築23年でALC(パワーボード)の外壁で屋根は銀黒の瓦屋根でした。

 

高崎市 菅谷町 現場調査

 

お客様の悩みは、外壁の劣化とベランダの防水でした。

ベランダはFRP防水で施工されており経年劣化が進んでいる状態です。

 

雨が流れる溝の部分は汚れも溜まっており劣化しやすい状態です。

 

現場調査を行う時はもっと細かくみる必要があり、画像の左側にある

 

サッシの下場などの細かいところもチェックします。

 

ベランダ防水 FRP サッシ コーキング

ベランダ防水 FRP サッシ コーキング

画像のようにサッシとFRP防水の間に隙間があります。

この隙間にしっかりコーキングをする必要があります。

新築の時にサッシ付けてからFRP防水をしたと思われ、本来はサッシを

取り付ける前にFRP防水をサッシの中まで巻き込まなければなりません。

私の長年の経験から、ベランダの雨漏りはこの部分の確率が高いので

必ずチェックします。

新築した時の防水業者は塗りずらくてサッシを塗料で汚してしまったようです。

現場調査は人間でいう健康診断のようなものです。

無料でしている会社も多いようですが

最も重要な作業なのです。

 

ペイントブログ一覧へ