2017年9月1日

人間力・・・

今日のお話は、私の大好きな作家、野口義則さんの本から紹介させて頂きます。

 

では、始めます。

 

森の中で、一人のきこりが、1本の木を倒そうとして5時間もノコギリを

 

ひいていました。

 

それでも木は倒れそうになく、きこりはへとへとに疲れています。

 

ある人がきこりに、

 

「少し休んで、そのノコギリの刃を研いだらどうですか?そうすれば

 

仕事がもっと進みますよ」

 

とアドバイスするのですが、

 

きこりは、

 

「刃を研いでいる暇なんてないさ。切るだけ精いっぱいだ」

 

と答えます。

 

刃を研ぐ時間を作りさえすれば、その後の作業が飛躍的に進むのに、

 

このきこりは

 

ノコギリをひく作業に忙しくて、

 

刃を研ぐ時間を作ろうとしないのです。

 

目の前の木を切ることを急ぐあまり、

 

かえって遠回りしてしまっているわけですね。

 

この話でいう「刃を研ぐ」というのは、

 

  • 自分を磨くこと
  • 自分という人間の土台づくりをすること
  • 人間力を高めること

の例えです。

 

 

何本もの木を切り倒すためには、

 

ノコギリの刃を研ぐ必要があるように、

 

僕たちが

 

望む人生を実現するためには、

 

自分を磨く必要があります。

 

つまり、

 

自分という人間の土台をつくり、

 

人間力を高める必要があるのです。

 

塗装工事 ローラー 木部

色々なことにチャレンジする時は、自分の人間力が重要です

自分の内面を鍛える必要があるのです。

 

ペイントブログ一覧へ