2017年6月7日

1級塗装技能士②

現場ではこんな事が起っております。

ベテラン1級塗装技能士と見習い塗装職人の2人で現場作業を行いました。

もちろんベテラン塗装職人は、塗るスピードと要領は見習い塗装職人より数十倍も上手です。

見習い塗装職人は、刷毛の持ち方やローラーの塗り方などを教わり塗ることは出来ます。

当日ベテラン1級塗装技能士と見習い塗装職人で、外壁塗装の中塗りを行う作業でした。

2人で塗りはじめベテラン一級塗装技能士はもの凄いスピードでバシバシ塗って行きます。

見習い塗装職人が後を追うようにして塗って行く形になりました。

すると、作業を進めて行くうちにあることに気が付き、ベテラン1級塗装技能士の方に質問してみました。

「すいません。僕が塗っている所のほうが厚く塗ってある気がするんですが、もう少し薄く塗った方がいいのですか?」

ベテラン1級塗装職人は

「中塗りと上塗りが一緒の色だから次に塗る上塗りで仕上がればいいよ。だから薄くていいよ」

と言いました。

 

 

次回に続きます・・・

 

 

 

ペイントブログ一覧へ